FC2ブログ

 





寒冷地なお住いのRinちゃんです。






半年ごとに車の点検をしているマイカーちゃん





前々回



『バッテリーが弱ってますので・・・・』




と ディラーから見積を渡されてた。




2万6千円



たかっ!






『ワタシが行った時に交換したるわ~』



と言ってくれたものの






あれから半年・・・







今回も言われるなぁと思い




『バッテリーが弱ってるのは分かってますので・・・』




と 点検前に先手をうった。




それが1月23日








その10日後の昨日の朝



エンジンが全くかからない💦






『バッテリーにお湯かけるんよ


熱湯はあかん。』




と アドバイスされていたことを思い出し



やってみるも







全くかかる気配なし(;^_^A







温度がひくかったかしら?






給湯温度最高にして




再度チャレンジ!










全然ダメ!








もうこりゃダメだ~~





『ブースター繋いでエンジンかけてもらい~』









会社の男の子に電話するも




社長とともに60km離れた現場に居ると・・・









しゃーない ディーラーに頼むか







『本日は定休日となっております』



音声が流れるし・・・










さぁ Rinちゃん どうする?









とりあえず、会社までは徒歩。




社用車でバッテリーを買って




自力で交換!








以前、彼が交換してくれた時




脇で見ていたから




なんとなく できそう~~(笑)







『工具あるの?』





『ドライバー』





マイナスドライバーで



何でもできると思ってるRin(笑)





『10.12のスパナいるわよ。』










会社にならあるはず!







20200204


『コレあればいい?』



『それでいいです』





よっしゃー!


やる気スイッチオン!






それからも 



事細かな注意事項を伝えてくれる彼





『バッテリー重いから、


車に乗せるとき足に落とさないでよ』




マジか?





10時になったのでいざ出陣!




えっ?軽トラしかない?



と まさかのミッション車を運転することに・・・





クラッチの繋がりどころが分からなくて


ふかすし がくがくいうし~~







命がけで自宅に到着。







ボンネット開けてバッテリーを覗いたけど





品番らしいものが見つからない。








彼に写真を送ったけど




返信がないので






外して 



オートバックスへ持ってくことにした。









女一人が こんな作業してんのって



怪しいだろうな・・・・(笑)







無事完了!



軽トラに積み込み





あっ 今朝持っていけなかった 




ゴミも積んでこう~







ゴミ出ししてから





近くのオートバックスへ~









駐車場到着







わぁ、問題発生




この車でバックできるか?(;^_^A







後方1メートルくらいあけて駐車




許してくれい








店内でお店の人に聞き




6,980円(税別)




さらに LINEともだちで500円引き



7,200円でおつりがきたわ~~










この間も彼からの連絡なし




(お仕事しているからよ(*^-^*))









また 命のがけのドライブをして帰宅








今度は 外した通りに元に戻して~






602389735077804.jpg


『完了!』








『そこらのひ弱な女子と比べたら、Rinちゃは立派やわよ、、


ある意味で男の子より出来るかもだね』







と おほめの言葉を頂きました💕







人間、危機に瀕したら何でもできる!


(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)







彼がいなかったら


できないミッションでしたよ





やっぱり 彼は最高(*^-^*)💕














14:16 | 日常 | comments (4) | edit | page top↑

Xデーを決めた日






むか~し、むか~し





彼とこの恋を始めたころ






たった 一度だけ





心の中で









お別れの日を決めた時があった。














人生でで初めての遠距離




(現状からしたら遠くもなかったけど)






もちろん当時はRinも既婚者なので



時間が合わないと会えない環境。







不安ばかりが募る日々








尚更


時間を作って会いに行ってた。








Rinも仕事はしていたけど








日々の息子との生活費を




自分で賄っていたので







自由になるお金には限度があった












丁度その時に用入りで





定期を解約し



残金が20万あった。










このお金を彼と会うために使おう




そして なくなった時に



手を離そう・・・







だから それまで




精一杯大切に彼との時間を過ごそう









そう決めた。








その日がXデー!




















だったんだけど~




Xデーは来なかった!(笑)










その前に



元ダンナと離婚の方向へ進んだから




消滅した Xデー










そんなことがあったと



思い出したとさ












11:33 | 彼のコト | comments (6) | edit | page top↑