FC2ブログ

ドライブ2日目

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
14:51 | 彼のコト | edit | page top↑

ドライブ

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
17:53 | 彼のコト | edit | page top↑

本日❤











幸せな時間3





コッチにあるやつ







気が付いてくれたかしら(*^_^*)






そうです 今日は




周年




       












ですが・・・・・








彼 忘れてる (♯`∧´)








そういう Rinちゃんも



彼に何も言ってないんだけど(-_-;)










今でも 鮮明に覚えているんだけどなぁ



ホテルのロビーで会った瞬間♫











そして






翌月の4月13日





思いがけずに




1ヶ月記念日を準備してくれたっけ~~





同じ店の




同じ席を❤













と 過去の想い出に浸って








今日は過ごしましょうかねぇ(笑)















まだ3年。






濃密な3年だったかもなぁ













色々なことがあったけど




(Rinサイドだけど・・・)












変わらずに彼が居てくれることに





感謝。



















数々の



『初体験』




を経験させてもらったことに





感謝。







これからも 少しでも長く




寄り添って生きていきたいな(*^_^*)












11:03 | 彼のコト | comments (9) | edit | page top↑

3.11




ここは記しておかないと・・・・



かな








Rinちゃんは8年前のあの日


ここ 福島に居ました。






小さな事務所で一人でいる時に


揺れ出した。



何度も経験している地震


すぐ治まるだろう・・・


と 思うと同時に ガツンと揺れ


その揺れが止まらない



事務所を飛び出した。




事務所の前は幹線道路



あまりの揺れに車も停車




事務所前に停車した


白い軽自動車は


女性が運転していた。




明らかに動揺しているのが


表情から見て取れた。






座り込む歩行者も多く


歩けず泣きだす幼児に手を差し伸べ


一緒にしゃがみ込んだ




事務所は小さな3階建・・・

見上げると大きく揺れていた



倒れる瞬間を見極めないと・・・


と 思って見ていた



揺れが収まって


事務所を開けると



メチャクチャな様子が目に飛びこんだ




事務所に入ろうかとした時



また 大きな揺れが襲った。






そして、晴天だった空が



一瞬にして吹雪と化した。





世の終わりとはこうなのか?


と思う自分がいた。







長かった揺れが治まると






近くの団地の最上階から


火の手が上がった




阪神大震災・・・・




同じなのか?


私はどうすればいい?




サイレンの音が聞こえてきた


よくわからないけど


安堵したのを覚えてる。





幸い事務所は


倒壊することもなかった。



このグチャグチャな状況を


社長に知らせねば・・


電話をするがつながらない






この時は


揺れたのはこの辺だけだと思っていたので


早く戻ってもらって片付けしなくちゃ


と 世の中の状況を知らなかった。





今思えば


私は家族の心配もしていなかった


息子クンにも当時のダンナにも連絡をしてなかった



帰宅しなくちゃとも思わなかった




ただ、目の前の散乱を片付けることしか。




事の重大さに全く気が付いていなかった・・・。





かなり大きい揺れだったけど


震度はどのくらいだった?


そんな 軽い気持ちで


携帯でワンセグを観た




どこも 地震のことばかり



そして、津波の映像が流れ始めた・・・





今、浜に現場があるよね?


行ってるよね?


連絡取れないよね?




パニックになり


動けなくなった・・・







携帯に着信!


社長からだった


どうやら戻る途中で揺れに合ったようで


無事らしい


話をしている途中で 扉が開く音がした。



元ダンナだ!


『何してる?』





何してるって? 


『片付け・・・』




『家も大変だから 帰るよ。

運転できないだろうから車置いて。』





まだ電話が繋がっていたので



その旨を社長に伝えて帰宅することに。





元ダンナは仕事をサボって家にいたのだろう





『息子クンにはママを迎えに行ってくるから


家にいるように言って来たから』



そうか 息子クン帰宅してたんだ




帰り道 住宅地に入ると


玄関に靴が散乱しているお宅を


数件見かけた。




『あれ、大変だねぇ』



『ウチも同じだから』



?????




玄関を開けたら



さっき見た光景と全く同じ(・。・;



ウチの玄関も 靴で溢れてた。





中に入り 愕然


食器棚の扉が全開で


中の食器は殆どが落下して


床が壊れた食器で埋め尽くされ



その奥にある冷蔵庫も


扉が開いて 缶ビールが床に散乱




全ての部屋の観音開きは全開状態・・・




と、この状態なのに



息子クン、家におらず・・・



遊びに出かけた模様



この緊急時に 行くか?






さぁ 何からすればいいんだろう・・・・。




とにかく、危険な割れ物から片付けるか・・・



コツコツと集めた食器達が



無残な姿に・・・涙



ん??




Rinちゃん 一人でやってたぞ


そだ 元ダンナ 飲んでた!





電気はすぐに復旧したので


真っ暗な夜な寒い夜を過ごすことはなかった。




そのうち 水が止まってしまい



トイレを使うたび



お風呂の残り湯を流した。



通常なら、Rinちゃんが最後に入るので



浴槽を洗って出るのだが



前日、息子クンが最後だったため



そのまま お湯が残っていたのだ・・・





そんな、3.11だったわ。




書き始めると 



結構鮮明に覚えているもんだね。



きっと 一生忘れないんだろう・・・





翌日に原発が爆発することになる



09:19 | 日常 | comments (1) | edit | page top↑

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
23:34 | 家族 | edit | page top↑

ただ、忙しいのです・・・






記事がおろそかですが






Rinちゃん 生きてます。





もちろん 彼も❤








祝・就職




Rinちゃんの



一人息子クンがです。









大学の3年間を青森で過ごし、





この春には東京へ出るのです。





福島を素通りして・・・・・









新生活に伴い



引越という業務が発生するわけですが~





青森~東京700キロ





当初は、家財道具を売り払い



Rinの車に積めるだけの引越を計画。






しかし、よくよく計算したら



それでも7万以上かかってしまう。



家電等を新調したもんなら(-_-;)






ってことで 業者さんをお願いすることに!




息子クンに




一括見積りをするよう指示をした。




条件1 


2月中の引越





条件2


混載での運搬




この条件なら 破格も期待できるだろう(^^)








が 息子クンの返答



『S社はトラックがないと言われた』






全国展開している大手引越業者が



トラックがないって? マジか?








『A社は13万円だと・・・』



まぁまぁ 妥当な感じ












引越屋さんの料金って



あってないようなもの!





最初の提示金額から



半額なんて普通に在り得る





そこで またまた指示を





一度内覧に来るからその時契約しちゃダメ




この後、もう一社に見積もりをお願いしているという




それで 10万円と価格を下げてくれたら



その場で契約してよし 





下がらなかったら



一旦帰ってもらうこと。










息子クンからの回答





『12万円にしてくれたので契約しました。



相場を調べたら13万円だからいいよね。』





はぁ?



絶対に即契約したなっ!







まぁ 相手は経験豊富な営業マン



学生をその気にさせるなんて



お手のもんよね・・・・








はっきりしない息子クンだもの・・・(-_-;)




はぁ・・・・





いったい誰に似たんだ・・・












ってなことがあり




3月1日引越決行!








Rinちゃんは




青森へは行かずに・・・・




と思っていたけど






翌日2日は土曜日で



高速30%offだし



最期に行きますか!









当日 起きて支度したらすぐ出よう!



と 思っていたけど、



結局は8:30過ぎてしまった(^_^;)






ナビをセットし、



彼に



『行ってきます』



のLINEをして




いざ 出陣❢



ナビの到着予定時間



14:30








えぇぇぇぇぇぇ



これから6時間も運転か(^_^;)




東北自動車道



仙台を過ぎると




573182534 (1) 



独走となります(笑)















岩手県に入ると



573182534 (3) 


雪 あるじゃん(^_^;)



もっと北上せねばなのに・・・・・。







Rinちゃんの心配をよそに



雪はありませんでした。







やっと2時前に息子クンのアパートに到着(^^)




すぐさま出発できるのかと思っていたのに




布団?


ゲージ?




どうやら、まだ片付けなくちゃ のようだ





『アレ?掃除機は?』





『掃除機?持ってってって・・・・』




『掃除機持ってきてってLINEしたんだけど・・・』




多分 Rinちゃんの読み違いのようで(笑)






布団の圧縮は 人力でやりましょ




床は、雑巾で!







Rinはゲージをたたんだり


ホコリをふき取ったりしていのに







息子クン別室におこもり。





覗いてみると





段ボールの山(・。・;




大小50個‼





それらを畳んで、大きさ別に分けてる





いつ終わるかわからんわっ





『こんなん、たたんだ順に重ねて縛ればいいばい!』






かぁちゃん、さっさとまとめて縛って 完了




ゴミだしして 荷物を車に詰め込んで






出発




朝から何も食べていない私達・・・






市場に寄って



お土産と食事しましょ(*^_^*)





前回行列ができていた 回転寿司



今日は並んでいないので



入店決定!




ムチャうっま~~い(^^)



二人で うまい 旨いと食べまくり




合計19皿



まぁ 驚く量ではないわよね








おあいそ~~










573182534 (4) 





えっ!





7千円超え?




回転すしなのに(・。・;






思わず二人で爆笑 (*≧m≦*)





『家賃日割りだったから、お金あるよ♫』






まぁ なんて優しいの~~


しかし、ここで息子クンに払わせるのは







かぁちゃんとしての威厳が失われる


と、カードでのお支払いしました(笑)






お魚をささっと買って


5時には出発し




また、6時間かけ帰ってきました~








イヤイヤ、青森は遠いです(^_^;)




それを 日帰りしたRinちゃん




偉い?


それとも





親バカ?




(^^ゞ










16:57 | 家族 | comments (0) | edit | page top↑